【終活】覚えておきたい葬儀関連の流れ・スケジュール一覧表

スポンサーリンク
スポンサーリンク

危篤~葬儀の流れ・スケジュール一覧表

人は必ず最期には命が尽きます。自分の命が尽きた時に迷惑をかけないために・身内が急逝した時に慌てないように、いまは『終活』をしておく方が増えています。

今回は、家族が危篤になってから葬儀・その後の法要までの流れを『遺族・仏式・神式(キリスト教式)』の目線からまとめてみましたので、ご参考になれば幸いです。

遺族がすること

夫婦

危篤
  • 近親者に知らせる
  • 遺言があれば記録しておく
臨終・逝去
  • 喪主を決める
  • 葬儀の方針を決める
  • 世話役の依頼
  • 葬儀業者に依頼する
  • 日時・場所を決定し関係者へ連絡
  • 病院への支払い
  • 【死亡診断書】受領
  • 【死亡届】提出
  • 【火葬(埋葬)許可証】交付
  • 故人の預貯金口座の引き出し
通夜・葬儀の準備
  • 弔問客を迎える準備
  • 必要な現金を用意する
  • 遺影の手配
  • 弔辞の依頼
  • 祭壇・供物(花)の準備
  • 会葬礼状・粗供養品の手配
  • 参列者の席次と焼香(拝礼)の順番を決める
通夜
  • 弔問客の対応
  • 喪主挨拶
  • 参列者拝礼
    ↳焼香・玉串奉奠(ほうてん)・献花
葬儀・告別式
  • 喪主挨拶
  • 事前準備
    ↳供物・供花の並べ方/火葬場へ同行する人数/弔電の整理/弔辞の順番
出棺・火葬
  • 出棺の挨拶
  • 火葬・骨上げ
  • 関係者の接待
  • 火葬場職員や運転手への心付け
  • 後飾りの祭壇に遺骨を安置
  • 【火葬許可証】の提出
  • 【埋葬許可証】を受け取る
葬儀直後
  • 世話役から事務を引き継ぐ
  • 葬儀業者・斎場への支払い
  • 仕出し弁当・酒店への支払い
  • 近所・関係者へ挨拶回り
  • 世話役・手伝いへの謝礼
葬儀後の諸事
  • 遺品整理・形見分け
  • 遺産相続(※遺言異議申し立ては逝去後6か月以内)
  • 年賀欠礼はがき作成
  • 墓地・墓石の購入
  • 香典返し・挨拶状の送付
  • 名義変更等の手続き
  • 年金・生命保険等の受給手続き
法要・供養
  • 法要(霊祭・ミサ・記念式)の準備と通知
    施主/日程/予算/会場/引き出物/会食の料理
  • 命日に墓参りをする

◆葬儀のことでお困りの方に◆

・どこに頼んだらいいのかわからない
・まずは料金を比較したい
・昼間は忙しくて時間がない

『葬儀レビ』なら全国約400社の中から最大10社の無料一括見積もりができます。365日24時間対応してくれるので、お急ぎの方や多忙な方でも安心です。もちろんお見積りは完全無料。費用は一切かかりません。

▼無料見積もりの詳細はこちら!
葬儀レビ公式サイト

仏式のスケジュール

仏式

臨終・逝去
  • 末期の水
  • 湯灌(ゆかん)
  • 死化粧・死装束
  • 菩提寺(僧侶)へ連絡
  • 仏壇の扉を閉める
  • 枕飾り・枕経
  • 納棺
通夜・葬儀の準備
  • 戒名の依頼
  • 通夜ぶるまい・精進落としの準備
通夜
  • 僧侶読経
  • 通夜ぶるまい
  • 僧侶への謝礼
    ↳御車代/御膳料
葬儀・告別式
  • 僧侶読経
  • 弔辞・弔電の披露
出棺・火葬
  • 最期の対面
  • 釘打ちの儀式
  • 納めの式・焼香
  • 遺骨迎え・還骨勤行
  • 初七日法要
  • 精進落とし
  • 僧侶への謝礼
    ↳御車代/御膳料
葬儀直後
  • 僧侶への謝礼
    ↳御布施/御戒名料
葬儀後の諸事
  • 納骨・埋葬
  • 仏壇の購入
  • 墓・仏壇の開眼供養
  • 塗り位牌の準備
法要・供養
  • 忌明けの法要
    ↳四十九日または三十五日
  • 百か日法要
  • 年忌法要
  • お盆・お彼岸の墓参り

神式(キリスト教式)のスケジュール

神式

◎=キリスト教式

危篤
  • ◎神父を招き終油の秘蹟(カトリック)
  • ◎牧師を招き聖餐式(プロテスタント)
臨終・逝去
  • 末期の水・湯灌
  • 神棚封じ
  • 枕直し
  • 帰幽奉告の儀
  • 納棺の儀
  • ◎枕飾り
  • ◎納棺式
通夜・葬儀の準備
  • 通夜ぶるまい・精進落としの準備
  • ◎献花用生花の手配
  • ◎聖歌集の準備
  • ◎通夜式・葬儀後の接待準備
通夜
  • 通夜祭・遷霊祭
  • 通夜ぶるまい
  • 神職への謝礼(御車代)
  • ◎前夜祭(通夜式)
  • ◎参列者の接待
葬儀・告別式
  • 葬場祭・告別式・出棺祭
  • ◎聖体拝領・赦祷式(カトリック)
  • ◎招きの言葉・頌栄唱和(プロテスタント)
  • ◎告別式・出棺式
出棺・火葬
  • 出棺祭
  • 火葬祭
  • 帰家祭
  • 後祓いの儀
  • 精進落とし
  • ◎火葬前式
葬儀直後
  • 神職への御礼(御祭祠料)
  • ◎神父・牧師への謝礼・教会への献金
葬儀後の諸事
  • 祖霊舎の購入
  • 埋葬祭
  • 神棚封じを解く
  • ◎埋葬
法要・供養
  • 霊祭(墓前祭・式年祭)
  • 神棚・祖霊舎へに礼拝
  • ◎追悼ミサ・死者記念のミサ(カトリック)
  • ◎召天記念日の記念式(プロテスタント)
  • ◎万霊節での追悼式
私たちの多くが不安を持つ定年後の生活。

・自分や親の医療や介護にかかるお金が心配
・定年後も生きがいを持って仕事や趣味に取り組みたい
・年金・保険・税金・資産運用などの、正しい知識を身につけたい

「長生き」をリスクにしないで、豊かに生きがいを持って暮らす時間にしてほしい──これまで延べ43万人にお金を人生の味方につける方法を伝えてきたファイナンシャルアカデミーが、こんな想いで開講したのが、この『50代のための定年後設計スクール』です。

▼無料WEB体験実施中!詳しくはこちら
定年後設計スクール体験学習会

 

用語解説

末期の水

医師に臨終を宣告されたあと、亡くなった方の口に最後の水を含ませてあげることを「末期の水」といいます。この儀式は亡くなった方の生き返りを願う意味で行われます。

【やり方】
新品の割り箸または筆の先に脱脂綿(ガーゼ)を巻き付け、白糸でくくる。
それに茶碗やコップに入れた綺麗な水を含ませ、臨終を迎えた方の唇を軽く湿らせる程度に濡らす。

儀式を行うときは『配偶者・親子・兄弟・友人』という感じで臨終した方と縁の濃い方から順番に行います。

湯灌(ゆかん)・遺体の処置・死化粧

湯灌とは、亡くなった方の体を拭いて清めることです。新品のガーゼや脱脂綿にアルコールを染み込ませてご遺体を拭き清めます。

湯灌が終わってから耳・鼻・口・肛門などに脱脂綿を詰める、死後硬直が起こる前に目や口を閉じるといった処置を行います。

その後、髪を整える・髭を剃る・薄化粧を施すといった死化粧を行い、亡くなった方が好きだった服や浴衣などに着替えさせます。(着物の場合は左前とします)

いざというとき困らないために

まだ元気なのに死んだ後のことを考えるなんて…と思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、まだ元気なうちであればどんな葬儀をして欲しいか、お墓や仏壇はどうするかなど、お互いの要望を話し合っておくことができます。

家族のため、自分のため。大切なことだからこそ、早めに決めておくという選択もあるかと思います。まずは、ご家族で一度話し合ってみることをおすすめします。

日本最大級のお墓ポータルサイト

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました