いまさら聞けない香典の金額相場|入れ方やいつ渡すかもチェック

スポンサーリンク
スポンサーリンク

香典の金額相場一覧表【年代・相手別】

贈り先平均相場30代40代50代
祖父母1~3万円1万円3万円3万円
父母5~10万円5万円5万円10万円
兄弟姉妹3~5万円3万円5万円5万円
おじ・おば1~3万円1万円3万円3万円
その他親戚5千~1万円5千円1万円1万円
上司5千~1万円5千円1万円1万円
同僚5千~1万円5千円1万円1万円
後輩1万円~3万円1万円3万円3万円
社員の家族5千円5千円5千円5千円
取引先社員5千~1万円5千円1万円1万円
取引先社長1万円~5万円1万円5万円5万円
友人・知人5千円~1万円5千円1万円1万円
友人知人の家族3千円~5千円3千円5千円5千円
隣近所3千円~5千円3千円5千円5千円

上記の金額はあくまでも目安ですので、参考程度に考えていただければと思います。学生や金銭的に余裕がない場合は上に限ったことではありません。

香典について知っておきたいこと

香典

知らせを受けてすぐ弔問するときは持って行かない

御不幸の連絡があり急ぎ駆けつける場合は、香典を持参する必要はありません。弔問を受け付ける準備が整う通夜・告別式に持って行くようにしましょう。

10万円以下を包むときは奇数で

香典はだいたい3・5・7・10枚から選ぶ傾向があります。割り切れる偶数や奇数でも「9」は縁起が悪いと考える方も少なくないので避けた方が無難です。

新札しかないときは折り目をつける

諸説ありますが、綺麗な新札だと不幸があるのを分かっていてあらかじめ準備していたと考えられるため、相手に失礼だとされます。手元に新札しかない場合は、半分に折るなどして折り目をつけてから香典袋に入れましょう。

会社関係者に贈る時は他の人と金額を合わせる

会社関係者や取引先の方にご不幸があった場合、同僚や上司に「いくら包めばいいのか」を確認して金額を合わせることが多いようです。また、一人一人ではなくまとめて包むケースもあるので注意しましょう。

香典袋の表書きは信仰によって異なる

お相手の信仰が分かる場合
  • 仏式『御霊前』『御香典』
  • 浄土真宗(仏式)『御仏前』
  • 神式『御霊前』『御玉串料』『御榊料』
  • キリスト教『御花料』

確認できないときは『御霊前』と書かれた袋を用意すると良いでしょう。

袋に入れる時のお金の向き

お札の向きは、中袋を表向きにしたときにお札が裏向きになっている状態で入れます。(人物が描かれている側が表)複数枚入れる場合は必ず向きを揃えてください。人物が上か下かは地域によって異なるため、分からない場合は人物が香典袋の下側にくるよう入れておきましょう。

また、中袋には贈られた側が確認できるように『氏名・住所・金額』を必ず記入しましょう。記入欄がない場合は表側に金額、裏側に住所・氏名を記入します。金額の記入は改ざん防止のため「金壱萬円」のように、漢数字を使って書くのが一般的となっています。

香典袋の折り方

香典袋にお金を入れて閉じるときは、上側の折り返しを下側の折り返しに被せるようにします。お祝い事のご祝儀袋とは逆の折り方になるので注意しましょう。

香典を渡すタイミング

受付

通夜または告別式に参列する際、受付をすませた後に渡します。通夜と告別式両方に参列するときは、告別式で渡すのが一般的です。2回持って行くのは「不幸が続く」ことを連想させるので、かえって失礼にあたります。

通夜・告別式で受付がない場合は、お焼香のタイミングで香典をお供えします。受付で渡すときは名前を先方に向けて差し出し、霊前に供える時は名前を自分に向けてお供えします。

コロナ禍もあり、通夜・告別式どちらも参列できないというケースもあります。その際は郵送で香典を送りましょう。期間としては、葬儀が終わって1週間~遅くても1か月以内が一般的です。

郵送の際は、紙幣を和紙で包むか不祝儀袋に入れ、表書き等の記入をしたうえで現金書留で送るようにしてください。

袱紗(ふくさ)は必要?包み方と選ぶ色

香典を持参するときは袱紗(ふくさ)に包むのがマナー。色は服装にも合わせやすいグレーや紫といった寒色系が良いでしょう。

香典袋の包み方

袋状になっているタイプは開きが左側にくるようにします。そこへ香典袋を表書きが読めるように入れ、口を閉じましょう。開きが右側だと慶事となるので気をつけてください。

シンプルな布タイプの袱紗の場合、まず袱紗を裏向きで置き、その上に香典袋を表書きが読めるように置きます。(上の画像参照)その際、袋タイプと同様に左開きにするため、中心よりも右側寄りに置きましょう。

香典袋に被せるように右角→下角→上角の順番に折り、最後に左側を折って包んだら完成です。

香典は故人を偲ぶ気持ちであることを忘れずに

故人を偲ぶ

香典を渡す際のマナーや金額相場をまとめてみましたが、故人を偲ぶ気持ちが一番重要です。お別れの際には遺族の方への心配りを忘れずに、気持ちよく送り出してあげましょう。

私たちの多くが不安を持つ定年後の生活。

・自分や親の医療や介護にかかるお金が心配
・定年後も生きがいを持って仕事や趣味に取り組みたい
・年金・保険・税金・資産運用などの、正しい知識を身につけたい

「長生き」をリスクにしないで、豊かに生きがいを持って暮らす時間にしてほしい──これまで延べ43万人にお金を人生の味方につける方法を伝えてきたファイナンシャルアカデミーが、こんな想いで開講したのが、この『50代のための定年後設計スクール』です。

無料WEB体験実施中!詳しくはこちら↓
定年後設計スクール体験学習会

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました